いびき防止におすすめスージーas快眠枕♪人気の秘密と口コミ紹介

睡眠時に無意識でかいてしまういびきは、周りの人が睡眠を妨害されるだけでなく、いびきをかく本人も睡眠の質が低下してしまい、疲れが取れにくくなってしまいます。

太りすぎやお酒の飲みすぎが原因で、いびきが酷いという人もいますが、実は原因で最も多いのは枕とも言われています。

いびきをかきにくくするために開発された「スージーas快眠枕」をご存知ですか?快適に眠るための秘密や、使った方の口コミレビューを紹介します。

スージーAS快眠枕が楽天市場で大人気!

「いびき研究所」として、快眠・安眠するための商品を多数開発している(株)アメイズプラスが、いびきで悩む方向けに開発した枕が「スージーAS快眠枕」です。

大手通販サイト楽天市場でも、人気寝具メーカーTEMPUR(テンピュール)を抑えて、ランキング上位をキープ(2017.8.4現在)しています!

CHECK⇒楽天市場【枕・抱き枕】の売れ筋ランキングを見てみる

スージーAS快眠枕を使うと、いびきをかきにくくなり、安眠できる秘密はどこにあるのでしょうか。

いびき対策として開発されたスージーAS快眠枕の秘密

スージーAS快眠枕にはどんな工夫が施されているのでしょう。その秘密を1つずつご紹介します。

気道が開きやすい設計

頭や首の形に合わない枕は、適切な姿勢を保つことができずに気道が狭くなり、鼻からの呼吸の通りも悪くなります。

スージー快眠枕は、首部分が少し高くなるように設計された独自の3次元形状で、気道が開き、呼吸がしやすくなります。

横向きやうつぶせなど、どんな姿勢にも対応

一般的なあおむけ姿勢ではなく、横向きになったときにも寝返りがうちやすく、気道もふさがないようなカーブが施されています。

私の夫がしてしまう枕を抱きかかえるようなうつ伏せ姿勢も、胸部への圧迫をしにくい形状にしているため、空気の通り道が確保されやすいとのことです。

通気性がよく、蒸れにくい

就寝時は気づかないうちに汗をかくものです。寝返りをうたないままだと、頭部にかいた汗により、枕との間に熱がこもってしまうこともありますね。夏は特に気になります。

独自の3D形状により、通気性が確保されているので蒸れにくくなっているのも人気のポイントです。

高さは2タイプから選べる

元々作られていた枕では「高さが高くて合わなかった」という意見に応えて、同様の効果を保ちつつも全体的に高さの低いロータイプの枕が作られました。

女性は特に首の深さが浅い傾向にあるので、ロータイプの方が合いやすいそうです。

スージーAS快眠枕を購入して使ってみた方の感想レビュー

実際にいびきや不眠で悩む方が、この枕を使うことで睡眠がどう変わったのか気になるところですよね。

実際に購入して使用されている方の口コミレビューをご紹介します。

自分や周りが感じた変化

・体型は痩せ型なのにイビキがひどくて、藁にもすがるような気持ちで購入。使い始めるとイビキの音が小さくなってきたと妻に言われ、日中の身体のだるさや仕事中の眠気がほとんどなくなりました。

・横向きや仰向きのときの、鼻のとおりが良くなり、心地よく眠れるようになりました。

・色々な枕を今まで試してきて、首が痛くなる枕もありましたがこれは大丈夫。寝起きのだるさが無くなりました。

・この枕で寝てみると、気道が開かれて呼吸が楽なのがわかります。

・朝起きたときの喉の痛みが減りました。

・枕の形状が良いのか、朝起きたときについている寝ぐせが少なくなりました。

使用した感想

・硬さも程よい感じで、左右の両端部分は若干硬めになっているので、へたりにくそうです。

・主人はスタンダードの高さ、妻の私はロータイプがちょうどよく、夫婦で気に入っています。

・身長の大きい母にはスタンダードの方、170cm未満の父にはロータイプをプレゼントしたところ、二人とも快眠できると気に入ってくれました。

・慣れるまでは形状や高さの違和感がありましたが、数日後には慣れて、とても眠りが深くなりました。

・頭が小さいので、高さが合いませんでした。しかし、中の材質や、横向きに寝たときの顔に当たる柔らかさは好きなので、今後の商品開発を期待します。

いびきだけでなく、歯ぎしりや疲れの取れ方にも変化があったという口コミが多数です!

高さを自由にできるようになると更に良いとの意見も多いので、更に研究や商品開発を期待したいですね。

スージーAS快眠枕専用のカバーもあります☆

枕のみ購入でも、白いカバーが付いているのですぐに使用できますが、洗濯用には1枚替えがあると便利ですよね。枕の形状が特殊なので、他のカバーでの代用は難しいです。

送料がかからない、枕と同時購入がオススメですよ!

さいごに

私の主人はそこまで太っているわけではないものの、いびきが酷いです。女性でも、いびきに悩む方は意外と多いようです。

いびき対策をすることは、自分のいびきで目覚めてしまったり、のどの乾燥により風邪をひきやすくなる本人のためだけでなく、周りで一緒に過ごす家族のためでもあります。

日中を元気に過ごすためにも、睡眠の悩みがある方は枕を見直してみてはいかがですか?