三角コーナーは置かない!タワーのポリ袋エコホルダー楽天で購入した感想

昔から「シンクの端っこには三角コーナーを置いて水切り」という環境が当たり前だと思っていました。

しかし、すぐに三角コーナーはヌメリが出てきて不衛生だし、洗うのが面倒…匂いも気になります。

袋を自立させることができる便利グッズがあると友人から教えてもらい、三角コーナーをなくし、タワー(tower)のポリ袋ホルダーをキッチンに置いてみることにしました。

使い始めてからの感想や、おすすめポイントを紹介します。

タワーtower ポリ袋エコホルダーを楽天で購入

類似商品が多数出ていますが、山崎実業(YAMAZAKI)のタワーシリーズのポリ袋エコホルダーの人気は圧倒的です。テレビでも紹介されました。

大手通販サイト楽天市場の複数のショップでタワーのエコホルダーが売られており、三角コーナーのランキング上位を占めています。

2017.7.24現在で最も安いショップでは、送料無料で1000円以内で購入でき、レビューが3,900件もあります。私もこのショップで買いました。

CHECK⇒楽天市場【三角コーナー】の売れ筋ランキングを見てみる

タワーのキッチン雑貨や生活用品は、シンプルでおしゃれに見えるのに安いので、徐々にそろえたいな~と思っています。

タワーのポリ袋エコホルダーの人気の秘密は?

なぜこんなにポリ袋エコホルダーが売れているのか、その人気の理由をご紹介します。

スーパーなどで貰えるポリ袋を有効利用できる

スーパーで買い物したときに、お肉やお魚などを入れてくる小さなポリ袋。自然にどんどんたまっていきますよね。

一度使ったものだから、口にするものは入れたくない…でも捨てられない…というモヤモヤを解決してくれるんです!

私が使っているノーマルサイズだと、ホルダー先端に引っ掛けると宙に浮かないでちょうど良い感じになるので、専用の袋を用意しなくて済むし、貰った袋を有効活用できて、一石二鳥です。

↑実際にスーパーで食品を入れてきた袋を取り付けた図

キッチン周りがスッキリする

三角コーナーを置かなくなってシンク内が広くなるだけでなく、ホルダーは使わないときに折りたたむことができるので、来客時でもキッチン周りはすっきりさせることができます。

↑片手で簡単に畳むことができ、畳んだ後も独立してくれます。

色が白と黒の2色展開なので、キッチンの雰囲気に合わせて選ぶことができますね。

水切り以外でも便利な使い道がたくさん!

この商品を、2個セットで購入する方や、後から1個追加購入される方もたくさんいます。

その理由は、洗ったジッパー付きの袋やペットボトル、牛乳などの紙パックなどをさかさまにして、乾かすときにも使えるからです。

また、家族が多いと洗い物がグラスだけでもかさばってしまいますが、グラスを乾かすのにも便利です。

ホルダーの先端に滑り止めのゴムが付いているので、どんなものでも安定した状態で乾かすことができます。

↑下についている黒いものが滑り止めのゴムです。

しっかり乾く前のまな板のチョイ置きや、中まで乾きにくい水筒の定位置としても良いですね。

タワーのポリ袋エコホルダーを使ってみた感想

実際に、タワーのポリ袋ホルダーを購入して使っている人の口コミレビューをご紹介します。赤字は私本人の感想です。

使い心地

・袋だけを置いていたけど自立せずに中身がこぼれてしまうことも。これを使えば安定するので便利。

・先端のゴムが取れやすいという人もいるけれど、1年以上使っていて取れたり、緩くなった感じは一切ない。もし無くしてしまっても、予備のゴム単品で購入可能なので安心。

・コバエがたかるほど溜まる前に、縛って捨ててしまおうと思えるので、匂いがしなくなった。

・ホルダーの先端だけでなく、土台部分にも滑り止めのゴムが付いているので、ちょっとぶつかっても落ちてしまうことはない。

・適度に重さもあるので安定感は抜群!

・1日に1回、袋の空気を抜いてゴミ箱へ移すので、匂いも見た目も気にならない。

オリジナル活用法

・作った食材をジップロックに移すとき、袋が倒れてしまって困っていたが、購入してからは重宝している。

・複数購入して、寝室用の小さなゴミ箱としても活用している。

・食卓テーブルに持っていって枝豆のゴミや魚の骨を入れたり、何かと便利。

「もっと早く買えばよかった!」という意見が多数で、私も同感です。

三角コーナーをやめて置かないことにしたメリットは?

私の実家でも、一人暮らしをしてからも、三角コーナーに穴の開いたポリ袋を付けるのが習慣づいていたので、「不便にならないかな?」「水切りしたくなったらどうしよう?」と購入前は考えていました。

しかし、いざ無くしてみるとメリットがたくさんあり、もう置かないだろうな…と三角コーナーはゴミへと処分しました。

三角コーナーを置かないメリット

・シンク内を広く使うことができる
・穴あきのポリ袋を買わなくなった(節約)
・三角コーナーを洗う手間が一切なくなった
・袋を縛るときに袋が汚れていない
・こまめに捨てる習慣がついた(三角コーナーは大きすぎた)

三角コーナーを置く前に不安だったことの対策

・穴の開いた水切り袋じゃなくなる
→排水溝の水切りネットをこまめに取り替える(袋よりも安価)

・キッチン台の上に置くと邪魔にならない?
→使わないときは畳めるし、ホルダーは汚れないので簡単に場所を移動できる

水気が気になるものは、チラシや新聞紙の切れ端に一度包んでから袋に入れれば、もしポリ袋が破けてしまっていても漏れないので安心です。

↓下の商品は、高さがある(長い)タイプなので、生ゴミがすぐにいっぱいになっちゃう~という方におすすめです。
長め・重めの水筒や紙パックを乾かすときに重宝しますね。

さいごに

三角コーナーの不衛生と掃除から卒業できる、タワーのポリ袋エコホルダーを紹介しました。

「1家に1台!」というくらいのオススメ度で、友人にも勧めています。色々な使い道があるので、本当に便利ですよ!

ぜひ、あなたの生活にも取り入れてみてくださいね。