タニタのデジタルクッキングスケールを価格や防水性能で比較!

毎日のご飯支度やお菓子作りに欠かすことのできないキッチンスケールは、どんなものをお使いですか?

健康づくりなどに力を入れ、ヘルシーメニューを提供する食堂でも有名になったTANITAのクッキングスケールが人気となっています。

複数種類あるTANITAのはかりを、計量単位や水洗い可否などの性能面、価格や仕様で比較した結果をご紹介します。

タニタのクッキングスケールを徹底比較!

デジタルのクッキングスケールは、1度購入すると電池を交換すれば長く使用することができるので、使いやすくて便利な納得できるものを買いたいですよね。

「少しでも安く、性能の良いものを」という、節約志向の主婦にも嬉しいコスパが高い商品が、タニタのキッチンスケールではないでしょうか。

楽天で「キッチンスケール」のランキングを見てみても、上位15位以内にタニタのはかりが6品(3種類)ランクイン(2017.7.17現在)しています。

CHECK⇒楽天市場【キッチンスケール】の売れ筋ランキングを見てみる

では、それぞれの商品の特徴やオススメポイント、口コミを見てみましょう。

TANITAクッキングスケールKD-192

楽天市場でランキング1位をキープしている大人気の商品で、レビュー総数477件、★4.64(2017.7.17現在)という高評価です!

★最大計量 2kg
★最小表示 0.1g

タニタクッキングスケールKD-192の人気の理由

*gとmlの切り替えで牛乳や水も量れる

小麦粉などの粉ものはスケールで量っても、牛乳などの水分はmlで計測しないといけないので、計量スプーンが必要になってしまいます。洗い物も増えるし、面倒ですよね。

このスケールは、g/mlの切り替えボタンが付いているので、
【水モード】や【牛乳モード】の表示にして使用すると、注いだ水分の量を正確に計測してくれます!便利ですね~。

*計量台の上にシリコンカバーが付いている

計量台に材料を乗せるとき、ついスプーンからこぼれ落ちて、台が汚れてしまうことありませんか?

本体には電池が内臓されているので水洗いはできないので、台を拭き取るしかないのですが、この商品はシリコンカバーが上部に付いているので、外して水洗いすることができます。

*こぼれた粉が、溜まらずに落ちる形状

同じく材料を乗せる時、モニター部分と台のすきまに材料が入ってしまうこと、よくあるんですよね。

逆さまにして振っても、小麦粉とか片栗粉だと綺麗に落ちてこなく、狭い隙間の掃除に手間取ります。

この商品は、その隙間部分があえて空洞になっていて、台からこぼれた分はそのまま調理台に落ちる形状なので、スケールの掃除をする必要がありません。

タニタクッキングスケールKD-192の口コミや評判

実際にこちらの商品を購入された方の感想はどうなのでしょうか?

・mlモードが付いているスケールにしては安いので、満足している
・表示部の数字が大きくて見やすく、使いやすい
・計量皿がシリコンなので、お皿が滑りにくくて安心
・フックが付いていて、吊るして保管できるので置き場所に困らない

メーカーのHPで見たところ「在庫限りの商品」となっていましたので、購入もお早めにご検討くださいね。

TANITAクッキングスケールKD-180

こちらも楽天市場でランキング上位をキープしている大人気の商品で、レビュー総数が4桁の1235件、★4.44(2017.7.17現在)という高評価です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TANITA デジタルクッキングスケール KD-180タニタ 送料無料 キッチン…
価格:1180円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)

★最大計量 1kg
★最小表示 1g

タニタクッキングスケールKD-180の人気の理由

*直感的に使えるシンプル設計

【電源を入れる/0表示にするボタン】と【電源を切るボタン】と【表示部】のみというシンプルな設計で、白でシンプルな見た目も人気のポイントです。

*手軽に買える値段設定

この商品は、楽天市場の複数店舗で1000円で販売されています。最低限の機能で、インテリアの邪魔をしないデザインのスケールとしては、買いやすいお値段ではないでしょうか。

タニタクッキングスケールKD-180の口コミや評判

実際にこちらの商品を購入された方の感想はどうなのでしょうか?

・薄いので、引き出しに入れてもかさばらない
・ゼロ表示になる機能が欲しかったので満足
・フックが付いていて、ぶら下げることができるが、留め具のサイズや形状には注意が必要
・メルカリなどのフリマやオークションの商品を量るには十分

メーカーのHPで見たところ、「生産終了」となっていましたので、購入もお早めにご検討くださいね。

TANITAクッキングスケールKD-321

こちらは上の2つより高性能の商品で、値段は少し高くなりますが、レビューが★4.81(2017.7.17現在)と驚異の高評価です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タニタ デジタルクッキングスケール KD-321 (シルバー) 【ddd】
価格:3238円(税込、送料別) (2017/7/17時点)

★最大計量 3kg(微量モードは300gまで)
★最小表示 1g (微量モードは0.1g単位)

タニタクッキングスケールKD-321の人気の理由

*gとmlの切り替えで牛乳や水も量れる

小麦粉などの粉ものはスケールで量っても、牛乳などの水分はmlで計測しないといけないので、計量スプーンが必要になってしまいます。洗い物も増えるし、面倒ですよね。

このスケールは、g/mlの切り替えボタンが付いているので、【水モード】や【牛乳モード】の表示にして使用すると、注いだ水分の量を正確に計測してくれます!便利ですね~。

*ステンレス皿は取り外して水洗い可能

計量台のトップはステンレスになっていて、サッと外して水洗いすることができるので衛生的です。

*収納に便利なケース付

本体を収納できるケースが付属されていますが、長期間使わないときに電池を抜いても、その抜いた電池もケースに収まります。

タニタクッキングスケールKD-321の口コミや評判

実際にこちらの商品を購入された方の感想はどうなのでしょうか?

・最大3kg量れるので、お鍋ごと乗せても大丈夫なのが嬉しい
・ケースが付いて、0.1gまで量れて、水洗い可能でこの金額は安い
・ケースに入れると、他の調理器具と重ねて保管できる
・計量皿が広いので使いやすい

さいごに

家庭料理は、目分量でちょっとずつ調整…で更に美味しくなることもありますが、お菓子作りは目分量だと仕上がりや味に差がでてきてしまうんですよね。

普段はあまり使わない方でも、誕生日やクリスマス、バレンタインなど「あると便利!」な時は意外と多いものなので、使い道に合わせた性能のものを選ぶとよさそうです。

私が今使っているのは1g単位までしか量れないので、次はTANITAの0.1g単位まで量れるスケールにしようと決めています♪